月別アーカイブ: 2015年1月

美容について考えさせられました

化粧水が発揮する大切な働きは、潤いを与えることだけではなくて、肌がもともと持っている能力が適切に活かされていくように、肌の健康状態を整備することです。

食品として体の中に摂取されたセラミドは一度分解され違う成分に変わってしまいますが、それが皮膚表皮に行き届きセラミドの生成が促進され、皮膚におけるセラミド生産量が増加していくと考えられているわけです。

プラセンタを使用した美容液には表皮内の細胞分裂を速める効力があり、肌の新陳代謝を正しい状態に整え、シミやそばかすが薄く目立たなくなるなどのシミ消しの効果が期待できると人気を集めています。

注意すべきは「少しでも汗が吹き出している状態で、いつも通りに化粧水を塗布してしまわない」ということです。ベタつく汗と化粧水が一緒になってしまうと肌に不快な影響を及ぼす恐れがあります。

美白ケアで、保湿を忘れずに行うことがとても重要であるという話には理由が存在します。その内容を説明すると、「乾燥で気がつかないうちにダメージを被った肌は、紫外線からくる影響を受け入れやすい状態になっている」からということなんです。

コラーゲンのたっぷり入った食品や食材をどんどん食べ、それによって、細胞と細胞がなお一層密接につながり、水分を守ることが叶えば、弾力があって瑞々しいいわゆる美肌になるのではないかと思います。

全身のコラーゲンは柔軟性に優れた繊維状タンパク質で細胞や組織を接着するために機能し、保湿成分として有名なヒアルロン酸はコラーゲン繊維の隙間を埋める形で、水分の欠乏を阻止する働きをします。

肌が持つ防護機能で水分が逃げないように守ろうと肌は常に頑張っているのですが、その働きは老化によって下降するので、スキンケアを利用した保湿により届かない分を与えてあげることが必要になるのです。

セラミドとは人の皮膚表面において外からのストレスを防御する防波堤の様な役割を担い、角質層のバリア機能という重要な働きを担う皮膚の角質層に含まれる大変重要な成分のことを指します。

ヒアルロン酸原液を使って手持ちのスキンケアアイテムを高保湿に!

冬場は空気が乾燥するので肌へのダメージが気になります。
私も一年中乾燥ケアはしていますが、冬場は特に念入りにしています。

その方法の一つとして、ヒアルロン酸の原液を利用しています。
ヒアルロン酸の原液は薬局や化粧品専門店、インターネットなどで購入できます。
それを手持ちのスキンケアアイテムに混ぜるのです。
一気に混ぜるよりは、使う度に数滴加える方が効果的です。

ヒアルロン酸は今やとても有名な保湿成分です。
少しの量で多くの水分を保持することができ高い保湿力が期待できます。
そして、元々人の肌に存在する成分なのでアレルギー反応が起こりにくいのも利点です。

特に乾燥が気になる時は、化粧水に数滴混ぜてコットンパックをおこないます。
そうすることで、より浸透が高まり肌がたっぷりの水分を保ち翌朝までしっとりしています。
また、乾燥による小ジワもふっくらとしてハリがでます。
肌が潤うことにより、ダメージを受けにくくなりますし、メイクの仕上がりもUPします。

顔だけでなく、ボディクリームに混ぜて全身の保湿ケアに使えるので一つ持っていると便利なアイテムです。