月別アーカイブ: 2017年12月

肌への不満が増えてきた

ここ2、3年前から母親は顔にできてしまったシミに悩み事がありました。そのシミのサイズは十円玉ほどの大きさが一つ、少しばかり小さいものがいくつか左右の頬に散らばっていました。1年ほど前、母親の美肌友達より「発芽玄米はシミに効き目がある」と聞き、すぐさま毎回の食事にできる限り摂取してきました。というワケで、だいぶシミは消えてきました。

年齢が上がるとともに、肌への不満が増えてきたので、化粧水や乳液などをアンチエイジング用のものにしたり、美容(何かに夢中になっていると、自然と保てたりすることも少なくないみたいですね)液やクリームなどもプラスするようになりました。ですが、美容(何かに夢中になっていると、自然と保てたりすることも少なくないみたいですね)部員さんから聞いた話では、大切なのは洗顔、クレンジングだとのことでした。今現在のものを使い終えたら、早速探そうと考えています。アンチエイジングというのは加齢と戦う抗加齢という意味で、若返りと間違っている人も多いのですが、、単なる若返りとは違って加齢が進行するのを遅らせ、実際の歳より綺麗に見せるといった考え方の方が合った見方です。

現在アンチエイジングというものは、基礎化粧品だけでは無くて、サプリおよびホルモン治療の世界にまで進歩しているでしょう顔を洗う場合、あまりごしごし洗うと乾燥肌にはすぐ傷がつきますから、優しく洗うようにして頂戴。さらに、化粧水は手のひらにたくさん取り、温めるようにしてからお肌に用いましょう。

温度と体温の差がせまいと浸透力がさらに高まってしまい、化粧水が肌に吸収されやすくなってきます。秋冬の乾燥しがちな季節はもちろん、クーラーがきつい夏もお肌へのダメージは大きいものですね。

でも、日々のお肌の手入れは意外と面倒なものです。その場合に便利なのがオールインワンというものなのです。近頃のオールインワン化粧品はおもったよりよく出来ており、べた付きもあまりなく、保湿効果がちゃんと実感できるのが嬉しいです。私の母が朝洗顔するときは、石鹸や洗顔フォームで洗うことはありません。母は顔を洗う時には水だけで洗います。母が言うのには、石鹸や洗顔フォームで洗顔すると、せっかくの皮脂(皮膚の表面に分泌される脂です)成分が全部落ちてしまってお肌に悪いから水だけでかまわないという石鹸不必要説をよく私に語ってくれます。そんな母はですが、65歳という年齢を感じさせずきめこまやかです。

肌の荒れを予防するためには、洗顔を終えたら、直後に化粧水等で保湿をします。

何を肌に用いるのかは、肌質によっても変化するものですし、体調によっても違いますでしょう。毎日、化粧水や乳液、美容(何かに夢中になっていると、自然と保てたりすることも少なくないみたいですね)液等を用いるのでは無くて、肌の状態と相談しながら行って頂戴。日常的に多くの保湿剤を用いると、肌が本来持っている保湿機能が低下してしまいます。敏感肌要の方のためのスキンケア(正しく行わないと肌トラブルに繋がります)化粧水には、余分なものがないシンプルなものが一番いいです。

界面活性剤が含まれていると、肌が張ってしまい肌のトラブルが起こります。

その為に、安い化粧水でも構いませんので、肌に十分に塗り、保湿をします。

美しいキメの整った肌は女性が憧れる一番の要素ですよね。美しい肌を保つ為には、何より大切なことは保湿です。とても潤いがある肌は肌のトラブルにも負けなくて、強くハリもあります。また、保湿の為に知られていない必要なことは、紫外線から肌を守ることです。UVは乾燥につながりますので、適切なケアをすることが重要です。

このところ、肌の衰えが目立ってきたかも知れない、そう感じる方にはスキンケア(正しく行わないと肌トラブルに繋がります)でアンチエイジングしてみましょうか。一番有効なのは高い保湿成分のある化粧水でお肌に潤いを取り戻すことです。乾燥は肌のハリをなくしシワを造りますので、特に、ヒアルロン酸などが配合されている化粧水で、しっかり潤いを与えてあげる事が効果的です。